こだわりを捨てて生きていく

何事も長続きしない甘ったれ大学生が少しずつ自立していくまでの過程。

上の立場の人間に好かれるか嫌われるかで人生変わってくる気がする

 

 

立場が上だとか、下だとか決めつけること自体好きではないのだが、

 

 

世の中、必ずしも対等な関係ばかりではなく、「上下関係」というものが存在することは確かである

 

 

f:id:shizuru_021:20150709234615j:plain

 

 

今や「スクールカースト」というような言葉まで登場し、「友達」と思われる人との間にさえ「上下関係」は存在するくらいだ(今に限ったことではないけど)

 

 

もはや、純粋に対等でいられる関係の方が珍しいのかもしれない。

 

 

ただ、仕事に関して言えばある程度の上下関係がなければ成立しないもの。

 

 

だからこそ仕事をする上で、自分の目上の人との関係というのは非常に厄介なものなのである。

 

 

もっとも、私はアルバイトとインターンシップの就労経験しかないので社会人の上下関係の苦悩は正直分からない。

 

 

けれど、アルバイトやインターンシップをしてきた中でもなんとなく分かることはある。

 

 

それは「上の人に気に入られるのと気に入られないのとでは仕事のやりやすさに雲泥の差がある」ということだ。

 

 

ちなみに私はあまり上から気に入られるタイプではない。

 

 

逆に、気に入られやすい人からしたらこの「目上の人から見捨てられることの恐ろしさ」は絶対に理解できないだろう。

 

 

上の人から嫌われたら何が怖いかって。同期や後輩との関係にまで影響してくるところが1番怖い

 

 

特に上が、人によって大きく態度を変えるタイプの人間であればなおさら、対等であるはずの関係までがギクシャクし出す可能性は高い

 

 

上の人がある人に対し、冷たい態度を取っていると、仲間だと思っていた同期や後輩までが急によそよそしくなり、どんどん孤立していく。

 

 

そうして孤立した人は「自分が悪いからダメなんだ」と自分を責め始め、自分自身を抑圧するようになる。だが、自分を出せない状況で周りとコミュニケーションがうまく取れるわけはなく、仕事にも支障をきたし、さらに孤立していくという悪循環。

 

 

そうなると上から見放された人間は居場所がない。

 

 

たまたま自分が上司にとって気に食わないタイプであったというだけでそのまま仕事で自分の本来の力を発揮できず生涯を終えてしまうことだってあるのだ。

 

 

上の人間の影響力とは、それだけ大きいということを理解してほしい。そして、もし気に食わない部下がいたとしても物理的に害がなければ、そこは大人になって相手を憎む気持ちはそっと心の中にしまってほしい。

 

 

まあ正直、自分の態度が原因で、回りに巡って仕事に支障が現れて結局自らが損する結末を想像できない上司は頭が悪いとしか思えない。

 

 

それに、逆に言ってしまえば、自分を出せる環境で仕事をしたければ

 

 

①上の人に気に入られる

 

②仕事の中心人物と仲良くなる

 

③自分が仕事できる人間になる

 

 

の3つの選択肢が挙げられるだろう

 

 

私のように目上の人に気に入られるようなタイプでなければ、仕事ができるようになるのが一番てっとり早い気がする。

 


とは言っても職場の中心になるほど仕事ができるようになるまでには相当時間がかかる。

 


だとしたら、そういう人たちは初めから得意分野の仕事場を狙って働くのがいいということになる

 

 

なんにせよ、「上下関係」が厄介であることには変わらない。

 

 

どんな上司に当たるかは決して自分で選ぶことはできない。



だが、せめて自分が上の立場になった時はそれなりに平等に接してあげてほしい。